学費について

司学館高校で学ぶために必要な学費などの諸経費、
および国や県から交付される補助金についてご説明します。

入学時に必要な費用について

入学時納入費用の入金確認をもって入学手続きの完了とします。

入学金
20,000円
入学事務費
15,000円
施設拡充費
30,000円
合計
65,000円

毎年必要な固定費用について

学期ごとに半額ずつ納入いただきます。

運営管理費
18,000円
特別活動費
4,000円
合計
22,000円

授業料について

勉強する分だけ支払う。
個人の履修内容によって異なります。

司学館高校の授業料は、他の一部の学校のように、年間や月間で全生徒一律ではありません。
単位制の為、学習する量(履修する科目数)はひとそれぞれ。ですので、履修する科目に応じて授業料をお支払いいただくシステムです。
授業料は履修登録後にお支払いいただきます。
  • 途中退学の場合も授業料の返還は出来ません。
  • 分割支払いも可能ですので、お気軽にお申し出ください。

1科目あたりの授業料(算出方法)

添削指導(レポート)回数

1,500円

面接指導(スクーリング)回数

3,000円

期末試験受験料

2,000円

1科目あたり : 上記の総合計金額

総合学習の授業料

1講座あたり : 12,000円 (期末試験はありません)

その他必要な経費について

上記経費の他、別途履修科目の教科書購入費用が都度必要になります。
(本校指定教科書を既にお持ちの場合は必要ありません)
その他就学旅行積立金や制服購入費用などは一切必要ありません。

学費の補助・就学支援金・奨学金について

就学支援金とは、高等学校の学費の一部を、国が負担してくれる制度です。
入学時期などによって、現在2種類の制度に分かれています。

ご注意 令和2年4月より、就学支援金の制度が変更される予定です。本サイトの情報は、令和2年3月まで有効です。
詳細については文部科学省Webサイトをご覧ください。

学費の補助・就学支援金について

本校では、所定の申請用紙のみいただければ、 就学支援金をあらかじめ差し引いた金額で学費を請求しますので、
学費の負担を最小限に抑えることが出来ます。

平成26年以降の新入学の方、編入学の方
(一度高校を退学された方)新制度
ご家庭の状況によって、卒業までに35.6万~最大89万円の授業料を軽減することができます。(平成26年9月現在)
  • 保護者の県民税・市町村民税所得割額の合計額が50万7000円以上のご家庭については、支援金が支給されません。
平成25年以前に高校に入学され、
本校に転校される方旧制度
本校は単位制の学校ですので、特例により、1単位あたり4,812円の交付となり、最大約35.6万円の授業料を軽減することが出来ます。
また、保護者の所得額によっては1.5倍~2倍になり、最大約71万円の補助を受けることが出来ます。(平成23年9月現在)

奨学金について

各種奨学金を申請できますので、お気軽にお問い合わせください。

学費シミュレーション

司学館高校の学費は、取得する単位数、履修する科目によりそれぞれ異なります。
ここでは、ご自身の状況に合わせて本校でのおおよその学費をシミュレートできます。

ご注意令和2年4月より、就学支援金の制度が変更される予定です。本サイトの情報は、令和2年3月まで有効です。
詳細については文部科学省Webサイトをご覧ください。

  • 下記の質問にお答えください。

    保護者のおおよその年収

    出願者が成人の場合は本人の年収、成人していて扶養に入っている場合は扶養者の年収になります。

    計算結果(あなたのおおよその学費)

    卒業までに実際支払う
    おおよその学費合計
    (ここに結果を表示します)
    半年ごとに支払うおおよその学費
    (4月・10月請求)
    (ここに結果を表示します)
    • 上記の数字はあくまで目安です。実際の学費は履修科目により変わってきます。
  • 下記の質問にお答えください。

    質問1今までの高校の在籍期間

    休学期間は在籍期間に含まれません。

    留年し、同じ学年を1度やり直している場合でも、1年分の在籍期間と認められます。

    質問2前籍校での修得単位

    修得単位数が分からない場合は、在籍校、または前籍校にご確認ください。

    目安として、一般的な全日制高校での一年分の単位数はおよそ30単位です。

    質問3保護者のおおよその年収

    出願者が成人の場合は本人の年収、成人していて扶養に入っている場合は扶養者の年収になります。

    計算結果(あなたのおおよその学費)

    本校での最低必要在籍年数
    (ここに結果を表示します)
    本校での必要修得単位数
    (ここに結果を表示します)
    卒業までに実際支払う
    おおよその学費合計
    (ここに結果を表示します)
    半年ごとに支払うおおよその学費
    (4月・10月請求)
    (ここに結果を表示します)
    • 上記の数字はあくまで目安です。実際の学費は履修科目により変わってきます。
    • 就学支援金の制度上、前籍校によっては金額が大きく変わってくる場合があります。
      詳しくはお問い合わせください。
  • 学費、就学支援金はともに平成28年4月現在のものです。
  • 平成25年以前に高校に入学され、転校される場合は、制度が異なる為このページでは計算できません。詳しくはお問い合わせください。